北陸中心に激しい雨続く恐れ 気象庁が警戒呼び掛け

豪雨と落雷によりプロ野球の西武―ソフトバンク戦が中止となった大宮公園野球場=23日夕、さいたま市 拡大

豪雨と落雷によりプロ野球の西武―ソフトバンク戦が中止となった大宮公園野球場=23日夕、さいたま市

 中国大陸から本州付近にかかる前線の活動が活発になり、23日は北陸を中心に非常に激しい雨が降った。24日にかけ、東北から九州の広い範囲で激しい雨が続く恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、富山県高岡市や石川県かほく市、岐阜県白川村で1時間に60ミリ前後の非常に激しい雨を観測。かほく市では8月の月間雨量の平年値を上回った。

 24日にかけて断続的に1時間40~70ミリの雨が降る。24日夕までの24時間予想雨量は、多い所で、北陸、山口県と九州北部200ミリ、東海と中国地方150ミリ、東北と関東甲信、近畿120ミリ。

PR

PR

注目のテーマ