九州北部で大雨に警戒 前線が南下

 九州地方は23日、大気の状態が不安定になり、福岡県など北部は雲に覆われ、一時雨が降った。福岡管区気象台によると、24日明け方から25日にかけ、前線が九州に南下する影響で、北部を中心に広い範囲で大雨になる恐れがあり、同気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、24日にかけての1時間雨量は、多いところで福岡、佐賀、長崎の3県で70ミリ、熊本、大分両県で40ミリ。24日午後6時までの24時間雨量は、多いところで福岡、佐賀、長崎の3県で200ミリ、熊本、大分両県で100ミリを予想している。また、局地的に落雷や、竜巻などの激しい突風が発生する可能性もあるという。

 一方、九州南部は、宮崎県日向市で最高気温が全国で最も高い38・9度を記録するなど猛暑日になる所が相次いだ。鹿児島市は全国3位の37・1度を観測。両市ともに観測史上最高を更新した。

 福岡管区、鹿児島地方両気象台が23日に発表した九州地方の1カ月予報(24日~9月23日)によると、北部、南部ともに高温傾向が継続。降水量は北部はやや多雨傾向で、南部は平年並みかやや多いとみられる。

=2013/08/23 西日本新聞=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ