九州、中国地方で大雨 気象庁、警戒呼び掛け

 九州、中国地方で15日未明から朝にかけて、局地的に雷を伴い、激しい雨が降った。気象庁は西日本で夜遅くにかけ、大気の状態が非常に不安定となり大雨の恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けた。

 レーダーの解析では、熊本県八代市鏡町付近で午前2時半までの1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、同庁は記録的短時間大雨情報を出した。また熊本県甲佐町や長崎県南島原市口之津町などで、100ミリを超える3時間雨量を観測した。

 16日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、九州南部、中国地方、近畿が120ミリとなっている。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ