ミャンマー、豚インフルで死者 7月以降30人に

 【ヤンゴン共同】ミャンマー政府は20日夜、H1N1型インフルエンザ感染による死者が今年に入って30人になったと発表した。H1N1型インフルは豚インフルエンザウイルスに起因し、2009年に世界的に流行した。

 死者は今年初めて確認された7月以降の約1カ月間に集中、最大都市ヤンゴンや中部エヤワディ地域に多い。死者を含め感染者は297人確認され、全国的な広がりを見せている。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ