53日ぶり猛暑日地点ゼロ 前線南下、冷気が影響

 日本列島は26日、停滞前線北側の冷たい空気の影響を受け、7月4日以来53日ぶりに、観測点927の中で気温35度以上の猛暑日地点がゼロとなった。今夏で最も多かったのは、8月11日の297地点だった。

 気象庁によると、26日は鹿児島県奄美市(奄美空港)の33・7度が最も高く、他に沖縄県・久米島で33・2度、群馬県館林市で32・9度を観測した。30度以上の真夏日は149地点。各地に雨をもたらした停滞前線は九州から列島の南海上に延びた。

 25日は鹿児島市の1地点だけが猛暑日だった。

PR

PR

注目のテーマ