台風15号、北上続く 31日に九州上陸も

 台風15号は29日、沖縄県・与那国島の西海上を北寄りに進んだ。次第に進路を東寄りに変え、31日には九州に接近、上陸する可能性もある。気象庁は先島諸島では暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、与那国島で瞬間風速33・3メートルの非常に強い風を観測。石垣島でも23・6メートルの強い風が吹いた。強い雨は観測されていない。台風は北上を続け、先島諸島からは遠ざかる見通し。

 台風は午前9時現在、与那国島の北北西約90キロの海上を時速約20キロで北へ進んだ。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。

PR

PR

注目のテーマ