夕方にかけ広い範囲で大雨 気象庁が警戒呼び掛け

 気象庁は30日、低気圧と前線の影響で、夕方にかけて北海道から九州の広い範囲で非常に激しい雨が降り、局地的に猛烈な雨の恐れがあるとして警戒を呼びかけた。東シナ海上の台風15号により湿った空気の流れが強まり、大気の状態が非常に不安定になっている。

 気象庁によると、石川県輪島市で1時間に73・5ミリ、熊本県上天草市で同60・5ミリの非常に激しい雨を観測。夕方にかけて九州北部で局地的に1時間に80ミリ、東北と北陸で同60ミリの雨が降る恐れがある。

 台風は31日、九州に接近し9月1日には温帯低気圧に変わる見通し。温帯低気圧に変わっても注意は必要だ。

PR

PR

注目のテーマ