中国の若者向け書籍100冊翻訳 北京で式典、文化交流の継続訴え

 【北京共同】中国の若者に日本の社会や文化を正しく理解してもらおうと、日中両国の有識者と出版社が連携して日本の書籍を中国語に翻訳、出版する事業が100冊に達したことを記念する式典が9日、北京市内で開かれた。出席した両国の関係者は、政治的対立で日中関係が悪化しても文化交流を続ける必要性を訴えた。

 翻訳事業は、公益財団法人「笹川平和財団」が中心となり、2009年にスタート。日中関係に詳しい大学教授らが100冊を順次選んで翻訳し、一般向けに出版したほか、中国各地の大学に寄贈してきた。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ