大雨で山陽新幹線、一時運休 小倉―博多間

 山陽新幹線は30日午後2時50分ごろから、福岡県の小倉―博多間の上下線で運転を見合わせ、約30分後に再開した。JR西日本によると、九州北部での大雨により、雨量計が基準値を超えたという。こだまなど9本が最大35分遅れ、約3300人に影響した。

 在来線も、福岡県と佐賀県を結ぶJR筑肥線の一部や長崎県、大分県の一部路線などで運転を見合わせたり、徐行運転したりした。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ