台風接近、九州で大雨続く 土砂災害に警戒を

大雨で冠水した道路=30日午後3時すぎ、福岡市中央区今泉 拡大

大雨で冠水した道路=30日午後3時すぎ、福岡市中央区今泉

 台風15号は北上を続け、31日未明には長崎県・五島の西海上に達する見通しだ。台風の湿った空気が前線に流れ込んだ影響で、九州北部を中心に30日は、局地的に1時間当たり50ミリを超える非常に激しい雨が降った。台風は31日中に温帯低気圧に変わり、活発化した前線と一体化するとみられる。

 福岡管区気象台によると、福岡市では30日午後、1時間当たりの最大雨量がこの日全国で2番目に多い72・5ミリを記録。このほか、長崎県平戸市69・5ミリ▽熊本市64ミリ▽長崎県松浦市58・5ミリ▽佐賀市55ミリ-を観測した。29日正午の降り始めから30日午後11時までの総雨量は、福岡県太宰府市が280ミリ、同県飯塚市で218・5ミリ、同県行橋市で206・5ミリを観測した。

 31日午前0時から9月1日午前0時までの24時間雨量は多いところで、福岡、佐賀、長崎3県が200ミリ、熊本、大分2県は150ミリの見込み。1時間当たりの最大雨量は多いところで、福岡、佐賀2県が70ミリ、長崎、大分、熊本3県は50ミリとみられる。

 台風は31日午前0時現在、東シナ海を時速約20キロで東北東に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

=2013/08/31付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ