囲碁、井山が全七冠復帰なるか 名人戦、初の快挙に挑む

 囲碁、将棋界を通じて初となる2度目の全七冠独占にあと1勝と迫った井山裕太碁聖(28)が高尾紳路名人(40)に挑戦している囲碁の第42期名人戦7番勝負の第5局は、16日午前9時に静岡県熱海市で始まった。

 黒番の井山碁聖は、対局室に入ると厳しい表情で盤を見据えた。緊張感漂う中、早くも左上で競り合いが始まった。

 井山碁聖は昨年4月、初の七大タイトル同時制覇を達成したが、同年11月に名人を失って6冠に後退した。現在、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段の6冠を保持しており、名人を奪還すれば、前人未到の偉業を成し遂げる。

 名人戦は持ち時間各8時間の2日制。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ