九州、日本海側で大雨 広い範囲で引き続き注意

 日本海の低気圧から延びる前線に暖かく湿った空気が流れ込み、31日は九州や北日本から西日本の日本海側を中心に大雨となった。鹿児島県薩摩川内市で観測史上最多の1時間に77・0ミリの非常に激しい雨を記録。台風15号は31日未明、九州の西海上で温帯低気圧に変わった。

 北日本から西日本の広い範囲で9月1日にかけて非常に激しい雨が降る所がある見込みで、気象庁は土砂災害や激しい突風に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、福岡市で1時間に63・0ミリ、長崎県平戸市で53・0ミリの非常に激しい雨を観測。長崎県松浦市は29日の降り始めからの雨量が400ミリを超えた。

PR

PR

注目のテーマ