上方落語の先人顕彰、招魂社完成 大阪天満宮、「四天王」ら祭る

 上方落語の継承と発展に貢献した先人を顕彰する境内社「高坐招魂社」が18日、大阪市北区の大阪天満宮に完成し、上方落語協会の桂文枝会長(74)らが出席して鎮座祭が行われた。

 招魂社は、戦後、上方落語の復興に尽力した六代目笑福亭松鶴ら「四天王」をはじめ、同協会が発足した1957年以降に死去した落語家を祭っている。天満宮北側の星合池のほとりにあり、落語定席「天満天神繁昌亭」と目と鼻の先という落語家やファンになじみの地に新設された。

 落語を披露する「高座」にちなんで名付けられている。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ