投票用紙の二重交付相次ぐ 新潟・長岡と阿賀野

 新潟県選挙管理委員会は22日、長岡市と阿賀野市のそれぞれ1カ所の投票所で投票用紙の二重交付があったと発表した。

 県選管によると、長岡市では最高裁裁判官の国民審査、阿賀野市では比例代表の投票用紙を、担当職員が誤って1人の有権者に2枚交付した。投票後に判明したため、記載内容が正しければ有効となる。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ