小沢一郎氏が最多の17選確実 初の無所属、共産支援

 自由党の小沢一郎共同代表が、無所属で出馬した岩手3区で自民党前職の藤原崇氏との一騎打ちを制し、今回の立候補者の中で最多となる17選を確実にした。

 自由党公認内定者を希望の党から出馬させる一方、自身は初めて無所属で立候補。強固な後援会組織がフル回転したほか、共産党の支援も得て1969年から続く当選を確実にした。任期中に在職50年の節目を迎える可能性がある。

 かつては選挙期間中、選挙区に戻ることはほとんどなかったが、過去2回比例復活を許した藤原氏への警戒から、今回は2度にわたって地元入り。最終盤の2日間は計約20カ所で街頭演説し、支持を訴えた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ