西日本で猛烈な雨、突風被害も 5日にかけ厳重警戒

大雨で冠水し、川のようになった道路を通行する車両=4日午後5時30分、名古屋市中区 拡大

大雨で冠水し、川のようになった道路を通行する車両=4日午後5時30分、名古屋市中区

 本州付近に停滞する前線と台風17号から変わった低気圧の影響で、4日は岐阜県大垣市で1時間に108・5ミリを記録するなど西日本の各地で猛烈な雨が降った。大気の状態が不安定となり、各地で竜巻とみられる突風被害も相次ぎ、大雨や風によるけが人も出た。

 近畿、中四国、東海の一部では避難指示、勧告も出た。岐阜、愛知両県で降った大雨で、JR東海は4日夕、東海道新幹線の上下計41本の運休を決めた。

 気象庁は、5日にかけて北海道から近畿の広い範囲で激しい雨となり、局地的には猛烈な雨が降るとして土砂災害などに厳重な警戒を呼び掛けた。

PR

PR

注目のテーマ