BPO意見で民放労連が談話発表 「現場も重く受け止めるべき」

 日本民間放送労働組合連合会(赤塚オホロ中央執行委員長)は20日、沖縄の基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」に、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反があった」との意見を出したことについて「MXの経営陣はもちろん、放送の現場で働く私たちも重く受け止めなければならない」とする委員長談話を発表した。

 談話は、委員会が現地調査して番組内容を検証したことに触れ「本来、こうした検証は、調査報道の手法を用いて放送局が自ら行い、視聴者に対して番組を通じて説明することが期待されていたもの」などとした。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ