カタルーニャ独立派が過半数 前州首相「勝利」宣言

 【バルセロナ共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナ)の独立問題を争点とする州議会(135議席)選挙は21日、即日開票され、改選前に計72議席を占めた独立派が過半数維持を確実にした。ベルギーに滞在するプチデモン前州首相は「苦境の中、異論の出ない高投票率で勝利した」と演説。一方、第1党は反独立派の新興中道右派が占める見通しで、独立を巡る混乱長期化は必至だ。

 民間機関が開票率約99%段階で公表した予測獲得議席数は、反独立の新興中道右派が37、保守系独立派が34、左派系独立派が32。極左系独立派の4と合わせて独立派は計70となる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ