ローマ法王がXマスメッセージ 世界の子どもに思いやりを

 【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは25日、恒例のクリスマスメッセージで、朝鮮半島情勢やエルサレムの「首都認定」問題に揺れる中東情勢に触れ、「子どもたちのため、より思いやりに満ちた世界にしよう」と呼び掛けた。キリスト教カトリックの総本山バチカンにあるサンピエトロ大聖堂のバルコニーで読み上げた。

 法王は、世界の平和と安全が「新たな紛争や緊張という危険によって脅かされている」と指摘。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮を念頭に「朝鮮半島での対立が克服されるよう祈ろう」と述べた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ