中国、人権弁護士の処罰免除 習指導部、批判に配慮か

 【北京共同】中国湖南省長沙市の裁判所は26日、国家政権転覆扇動罪などに問われた人権派弁護士、謝陽氏に刑事処罰免除の判決を言い渡した。謝氏が罪を認めていることや、社会への危害の程度が低いことを理由としている。人権派弁護士に対する刑事処罰免除の判決は異例。人権状況への国際社会の批判に、習近平指導部が一定の配慮をした可能性もある。

 ただ天津市の裁判所は26日、国家政権転覆罪に問われた別の人権活動家、呉淦氏に懲役8年の実刑判決を言い渡しており、政府に批判的な言論への厳しい姿勢は基本的に変わらないとみられる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ