15年日韓合意の検証報告書公表 韓国「問題再燃避けられず」

 【ソウル共同】従軍慰安婦問題を巡る韓国政府の作業部会は27日、2015年末の日韓合意を検証した報告書を発表した。対日交渉は朴槿恵前大統領周辺が主導し、一貫して秘密裏に進められ「被害者の意見を十分に集約しなかった。政府間で『最終的かつ不可逆的な解決』を宣言しても問題再燃は避けられない」と指摘。合意に、元慰安婦支援団体に対する韓国政府の説得など非公開部分があったことも明らかにした。

 合意見直しなどの提言はなく、政府は平昌五輪後まで対処方針の決定を先送りする見通しだ。康京和外相は27日の記者会見で、今後の対応は日韓関係に及ぼす影響も考慮し、慎重に決めるとした。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ