築地市場、最後の初競り 最高額は3645万円クロマグロ

 10月に豊洲市場(東京都江東区)へ移転する築地市場(中央区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」があり、405キロの青森県大間産クロマグロが、この日最高額の3645万円(1キロ当たり9万円)で競り落とされた。1935年の開場以来、80年以上の歴史を刻んできた築地での初競りは今回が最後。

 落札した仲卸「やま幸」の山口幸隆社長は「思ったより安かった」と話し、築地市場について「ここで一人前にしてもらった。感謝している」と感慨深げだった。

 このマグロは東京・銀座や海外に展開する和食店の運営会社に提供される。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ