フジモリ元大統領が退院、ペルー 10年ぶり自由の身

 【リマ共同】在任中の人権侵害事件で禁錮25年の刑に服し、ペルー政府から恩赦を与えられたフジモリ元大統領(79)が4日、不整脈などの治療を受けていた首都リマ市内の病院を退院した。約10年間収監されていたリマ郊外の警察施設には戻らず、晴れて自由の身となった。

 フジモリ氏は昨年12月23日、体調不良を訴え入院。同24日にペルー政府が恩赦を与えていた。その3日前の21日に議会でクチンスキ大統領の罷免決議案が否決された際、仲間と共に棄権したフジモリ氏の次男ケンジ議員と大統領の間で、恩赦を巡る裏取引があったとの観測が流れている。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ