12年量的緩和決定で消極的見解 パウエル次期FRB議長

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は5日、2012年分の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の議事詳録を公表した。トランプ米大統領が次期議長に指名したパウエルFRB理事が、12年9月の会合で決めた「量的緩和第3弾」に対し、賛成しながらも消極的な見解を表明していたことが分かった。

 2月に任期が切れるイエレン現議長は副議長として、量的緩和に積極的な姿勢を示していた。パウエル氏の当時の考えが今後の危機対応時の政策に反映される可能性がある。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ