日中の若手交流再開へ、年内にも 霞が関官僚と党幹部候補

 日本と中国は14日、霞が関の若手官僚と中国共産党の幹部候補生との交流事業を再開する方向で調整に入った。今年中の実現を目指す。事業は2012年9月の沖縄県・尖閣諸島国有化後、日中関係の冷却化を背景に中断していた。政府は近く中国と実施計画の策定に着手する見通しだ。複数の日中関係筋が明らかにした。

 対中関係の改善を目指す安倍晋三首相の意向を踏まえた対応。日本政府は事業を軌道に乗せることで中国と信頼関係を醸成し、習近平国家主席来日への環境整備の一環としたい考えだ。だが尖閣周辺で中国潜水艦が確認されるなど、両国間には依然として不安定要素が残る。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ