日銀、景気判断3地域で引き上げ 設備投資、生産が堅調

 日銀は15日、1月の地域経済報告(さくらリポート)を発表し、全国9地域のうち、東北、北陸、近畿の3地域で景気判断を上げた。堅調な海外経済を背景に、生産や設備投資が伸びた。個人消費も、おせち料理や福袋など年末年始の売り上げが順調で改善した。雇用情勢では人手不足感が強まっており、景気回復の実感が広がるには、春闘での賃上げが焦点となりそうだ。

 北陸の景気判断は「拡大している」とし、2005年のリポート創刊以来、初めての強い表現だった。日本経済は実質国内総生産(GDP)が7四半期連続でプラス成長を確保し、企業収益も高水準で推移している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ