独で皇后さま歌集の出版行事開催 訳者「人生詰まった50首」

 【ベルリン共同】皇后さまの和歌50首をドイツ語訳した歌集「その一粒に重みのありて」の出版を記念した行事が16日、ベルリンの日本大使公邸で開かれ、翻訳したボン大名誉教授の日本学者ペーター・パンツァーさんが「この50首に皇后さまのこれまでの人生が詰まっている」と語った。

 ドイツの出版社ヘルダーの経営者が2011年の東電福島第1原発事故を受け被災地を訪問された天皇、皇后両陛下の姿を報道で見て思い付き、昨年11月に出版。歌集は書家が手掛けた日本語の書に、ドイツ語訳が添えられている。

 パンツァーさんは「翻訳の話があってから引き受けるかどうか悩んだ」と振り返った。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ