シリア北西部で作戦開始へ トルコ、対クルド勢力

 【イスタンブール共同】トルコ政府は17日、エルドアン大統領を議長とする国家安全保障会議を開き「シリア西部からの脅威を一掃するため即刻、必要な手段を取る」との声明を出した。シリアのクルド人勢力、民主連合党(PYD)が「飛び地」として掌握するシリア北西部アフリンへの軍事作戦を近く開始する見込みが強まっている。

 ボズダー副首相も閣議後の記者会見で、国境に接するシリア北部で勢力を広げたPYDへの「我慢は限界に達した」と述べ、作戦開始をためらわない姿勢を強調した。

 トルコはPYDを自国の非合法武装組織、クルド労働者党(PKK)の分派とみて敵視している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ