東海第2原発でデータ送信が停止 緊急時の対策支援システム

 原子力規制庁は18日、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)で、原発の状態を把握する国の緊急時対策支援システム(ERSS)へのデータ送信が停止したと発表した。同原発は現在、運転を停止中。データは電子メールで日本原電から送られており、大きな問題はないという。

 規制庁によると、原発側のネットワークで何らかのトラブルが発生したという。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ