経産相、デブリ取り出しに期待 福島第1原発視察

 世耕弘成経済産業相は18日、東京電力福島第1原発(福島県)を訪問、廃炉工程の進捗状況を確認した。19日に予定される2号機の原子炉格納容器の再調査に使われるカメラを遠隔操作する部屋を視察。報道陣に対し「デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出しに向け、さらなる状況把握が進むことを期待する」と述べた。

 第1原発で汚染水を浄化した後の放射性物質トリチウムを含む処理水が増え続けている問題については「科学技術的側面だけでなく、風評被害などの議論が必要だ」との考えを改めて示した。トリチウム水を巡っては、貯蔵タンクの設置場所が限られており、漏えいも懸念されている。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ