17年世界平均気温、過去2番目 温暖化進行で3年連続高温

 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は18日、2017年の世界の平均気温が観測史上最高となった16年に次いで2番目に高かったと発表した。15年から3年連続の高温となり、WMOは「地球温暖化が長期的に進行していることを明確に示している」と警告した。

 WMOによると、17年の平均気温は産業革命前比で1・1度上昇し、15年と同レベル。16年は同1・2度上昇だった。WMOは、16年に高温をもたらす要因となった強力なエルニーニョ現象が17年には発生しておらず「エルニーニョがなかった年としては最も高温だった」と分析した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ