IBM、5年9カ月ぶり増収 企業向けクラウドサービス好調

 【ニューヨーク共同】米IT大手のIBMが18日発表した2017年10~12月期決算は売上高が前年同期比4%増の225億4300万ドル(約2兆5千億円)となり、四半期決算として5年9カ月(23四半期)ぶりの増収となった。ネットワーク上で情報を処理するクラウドなどの戦略事業の売り上げが好調だった。

 純損益は10億5400万ドルの赤字と前年同期の黒字から赤字に転落した。米税制改革に伴う一時的な費用の計上が要因。

 ロメッティ最高経営責任者(CEO)は「戦略事業の増収率は2桁だった。四半期決算で増収となり、満足している」とコメントした。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ