18年度予算案を国会に提出 歳出最大の97・7兆円

 政府は22日、2018年度予算案と17年度補正予算案を国会に提出した。18年度予算案の歳出総額は97兆7128億円で6年続けて過去最大を更新。高齢化で膨らむ社会保障費、安倍政権が重視する防衛費とも最大となった。財政健全化の歩みは遅く、国会論戦の焦点となりそうだ。

 18年度予算は3月末までの成立を目指す。社会保障費は32兆9732億円。診療報酬改定で医師の人件費を引き上げる一方、薬価を大幅に削減。17年度からの増加幅を財政再建計画の目安である5千億円に抑えた。

 北朝鮮のミサイル発射などに備える防衛費は5兆1911億円。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ