春闘スタート、3%賃上げ焦点に 労使フォーラム開催

 経団連は22日、主要企業の労使が意見を交わす「労使フォーラム」を都内で開き、2018年春闘が事実上スタートした。安倍政権はデフレの完全脱却を狙いに3%の賃上げを経済界に要請し、経団連も前向きな姿勢を示しているが、実際に各企業でどれだけの賃上げが実現するかが焦点となる。

 冒頭で経団連の榊原定征会長があいさつ。同日夕には連合の神津里季生会長が、春闘に臨む労働組合の基本姿勢を説明する。

 政権が賃上げに深く関わる「官製春闘」は今年で5年連続となる。連合は「2%程度を基準」とするベアと合わせ4%程度の賃上げ方針を決定。3月中旬ごろに春闘はヤマ場を迎えることになる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ