京大iPS研で論文不正 図を捏造、山中所長は辞職も検討

 京都大は22日、京大iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教の論文に捏造と改ざんがあったと発表した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って脳の構造体を作ったとの内容で、主要な図6点全てに不正があったと認定した。同研究所の山中伸弥所長は京大で記者会見し「非常に強い後悔、反省をしている。心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 今後、山水氏ら関係者を処分する。山中所長は所長を辞職するかに関し「その可能性も含め、どういう形が一番良いのか検討したい」と話した。

 論文は昨年2月、米科学誌ステム・セル・リポーツに掲載された。京大は内部の指摘で昨年9月~今年1月に調査した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ