金委員長、次は同時発射技術開発 北朝鮮問題でCIA長官

 【ワシントン共同】ポンペオ米中央情報局(CIA)長官は23日、ワシントンのシンポジウムで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が核・ミサイル開発の次のステップとして、米国への脅威を高めるために複数の弾道ミサイルを同時発射する技術の開発を進めるだろうとの見方を示した。

 また北朝鮮は体制維持のためだけではなく、米国などに対し「実際に使用する」と威圧するための道具として核・ミサイル開発を進めていると指摘した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発の進展状況に関しては米本土を核攻撃できる能力を獲得するまで「かつてなく近づいている」と説明。残された時間は「数カ月」との認識を示した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ