内容示さず共著者に試料分析依頼 京大iPS論文問題

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、山水康平特定拠点助教(36)が人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使って作製したとした構造体の性質の分析を、共著者が山水氏から依頼された際、詳細な内容を知らされずに分析対象の複数の試料を渡されていたことが24日、分かった。

 山水氏は、作製した構造体を、血中に含まれた薬物や有害物質が脳に入るのを防ぐ「血液脳関門」の機能を持つとしていたが、京大の調査で論文通りのものではなかったことが判明しており、不正が発覚しないように、試料の詳細を明かさなかった可能性がある。

 共著者が分析したのは、京大が改ざん認定した箇所のデータ。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ