日航社長に常務執行役員の赤坂氏 植木氏、代表権のある会長に

 日本航空は24日、赤坂祐二常務執行役員(56)が社長に昇格する人事を発表した。植木義晴社長(65)は代表権のある会長に就く。4月1日付。経営破綻からの再生が一段落したことを踏まえて若返りを図り、さらなる事業拡大を目指す。

 赤坂氏は整備や安全推進の要職を担ってきた。6月開催の定時株主総会で取締役に就任し、代表権も持つ予定だ。

 大西賢会長(62)は4月1日付で取締役となり、株主総会をもって退任する。

 赤坂 祐二氏(あかさか・ゆうじ)東大院修了。87年日本航空。執行役員を経て、16年4月から常務執行役員。札幌市出身。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ