園芸高校で意見交換、働き方改革 農水省有識者会議

 「仕事がきついというイメージを解消するべきだ」「農家の給料をもっと増やせないか」―。農業の働き方改革を検討する農林水産省の有識者会議は24日、東京都立園芸高校(世田谷区)で会合を開き、委員が生徒らと意見を交わした。生徒からは新規就農を増やすためのアイデアが寄せられた。

 園芸関係への就職や農業大学校への進学が決まった生徒らが会合に参加した。3年生の小島拓さんは「仕事がきつくて危険というイメージがあるが、稼げることや効率化への取り組みをもっとアピールできないか」と問題提起した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ