EU、無協定離脱の可能性警告 10月合意へ加速促す

 【ブリュッセル共同】英国と欧州連合(EU)の離脱交渉を統括するEU側のバルニエ首席交渉官は29日、離脱条件を巡る幅広い内容の法的文書を双方が10月までに合意できなければ、英国は無協定状態でEUを去る可能性があると警告し、英側に交渉加速を促した。

 バルニエ氏は、英離脱後の激変を緩和する「移行期間」の在り方に関するEU交渉指令が採択された後の記者会見で「離脱を巡る全問題で合意できなければ、移行期間はないかもしれない」と強調。交渉が遅れれば移行期間なしの英離脱があり得るとの考えを示した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ