大飯3号、3月13日にも再稼働 関電、4号機は5月中旬

 関西電力が大飯原発3号機(福井県)を3月13日にも再稼働させる方向で調整していることが15日、関係者への取材で分かった。原子力規制委員会の審査に合格した原発の再稼働は4原発6基目となる。大飯4号機は5月中旬に再稼働させる方針だ。

 大飯3号機は規制委による使用前検査中で、今月13日に原子炉への核燃料の装填を終えた。今後は原子炉の温度や圧力を上昇させるなどして、3月13日にも制御棒を引き抜いて、原子炉を起動させる方向で作業を進めているという。

 関電は当初、1月中旬に再稼働させる予定だったが、神戸製鋼所の製品データ改ざん問題などの影響で延期していた。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ