5年後にも空飛ぶタクシー 米ウーバー、想定より速い

 米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は20日、東京都内で投資家向けの会合に出席し「5年後にも空飛ぶタクシーが実用化される可能性がある」と述べ、開発が想定以上に速いペースで進んでいるとの認識を示した。

 同社は米航空宇宙局(NASA)と連携し、小型飛行機を使った「空飛ぶタクシー」の実用化を目指している。タクシーと同様に、スマートフォン用アプリで呼び出す仕組みだ。

 コスロシャヒ氏は今後の事業範囲について「自動車に限らず、移動サービスを幅広く展開したい」と語った。元駐日米大使のジョン・ルース氏の質問に答えた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ