台風接近で大雨の恐れ 16日にも東日本上陸へ

 大型の台風18号は14日、次第に勢力を強めて日本の南海上を北西に進んだ。16日に東日本の太平洋側に上陸する恐れがある。台風の接近に伴い暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本から東北の広範囲で15日から16日にかけて大雨や暴風、高波に警戒が必要だ。

 気象庁は、台風の強さは特別警報の基準に達しないものの、大雨については「特別警報発表の可能性がある」と指摘。15日は東海、近畿を中心に大雨となる見込みで、屋外での作業や外出を控えるよう呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は進路を東寄りに変え、暴風域を伴いながら四国の南から紀伊半島沖を北東に進む見込み。

PR

PR

注目のテーマ