気仙沼線バス高速システムに新駅 7月、南三陸町の団地

 JR東日本仙台支社は22日、東日本大震災で被災し、バス高速輸送システム(BRT)で運行している宮城県内の気仙沼線に7月ごろ、新駅「志津川中央団地駅」(南三陸町)を設置すると発表した。付近には沿岸から移転した被災者が暮らす高台の団地やショッピングセンターがあり、住民らの利便性向上を図る。

 気仙沼線のBRTは前谷地(石巻市)―気仙沼(気仙沼市)間を結んでいる。新駅設置に合わせて、南三陸町の「ベイサイドアリーナ駅」を「南三陸町役場・病院前駅」に名称変更する。

 仙台支社の坂井究支社長は記者会見で「市街地を回れるBRTの良さを生かして利便性を高めたい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ