京急、歴代車両のデザイン再現 創立120年記念で特別運行

 京浜急行電鉄は25日、創立120年を記念して、四つの歴代車両のデザインを再現した特別列車の運行を始めた。発祥の地である川崎市の京急大師線を中心に来年2月まで走行する。

 再現したデザインは、1924年と51年に登場し、60年代まで活躍した赤茶色や黄色をあしらった2種類と、現在も使用されている赤と白がベースの2種類。4両編成の各車両にラッピングで再現した。車内には過去に活躍した車両の写真や、沿線の歴史を紹介する資料などを展示している。

 京急の前身は1898年に川崎大師へのアクセスを目的に創設された大師電気鉄道。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ