神奈川でサーファーの男性死亡 大会中止後に海へ

 15日午前7時15分ごろ、神奈川県茅ケ崎市東海岸南の海岸で、バス運転手田原智さん(44)=東京都立川市富士見町=が、意識のない状態で海に浮いているのが見つかり、死亡が確認された。

 茅ケ崎署によると、田原さんは友人とサーフィンの大会に参加するために来ていた。大会は台風の影響で午前5時に中止が決定。田原さんは、大会関係者から中止を知ったが、6時からサーフィンをしていたという。

 横浜地方気象台によると当時、茅ケ崎市には強風波浪注意報が出ていた。現場にいた大会関係者は「潮の流れがかなり速かった」と話した。

PR

PR

注目のテーマ