北朝鮮、パラには応援団派遣せず 規模を大幅縮小

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は27日、板門店の軍事境界線北側にある「統一閣」で平昌冬季パラリンピックへの北朝鮮の参加に関する局長級の実務者協議を開いた。韓国統一省によると、北朝鮮は大会に応援団や芸術団を派遣しない意向を明らかにした。

 障害者オリンピック委員会の代表団4人と選手団20人の計24人を派遣すると伝えた。南北は1月、北朝鮮がパラリンピックに選手団や応援団、芸術団約150人を派遣することで合意していた。統一省は「五輪への派遣で既に一定程度、南北関係改善に寄与したと認識しているもようだ」と説明している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ