「慰安婦虐殺記録」を公表 ソウル市、中国南部か

 【ソウル共同】韓国・ソウル市は27日、太平洋戦争中の1944年、中国南部雲南省で旧日本軍が朝鮮半島出身の従軍慰安婦を虐殺したことを示す映像や写真、文書を米国の国立公文書館で発見したとして公表した。ソウル大人権センターとの共同調査で見つけたという。

 映像と写真には穴に入れられた女性とみられる数人の遺体が写っている。撮影した兵士も特定したとしている。慰安婦と判断した根拠は明らかにしていない。

 3月1日に19年の独立運動から99年を迎えるのを前に開いた学術会議で公開した。韓国メディアは、朝鮮半島出身の慰安婦殺害を示す映像の発見は初めてだと大きく報じている。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR