中国共産党「習1強」布陣を内定 3中総会が閉幕

 【北京共同】中国共産党の重要会議、第19期中央委員会第3回総会(3中総会)は28日、3月5日に始まる全国人民代表大会(全人代=国会)で追認する政府主要人事と、党と国家機構の改革案を内定し閉幕した。習近平総書記(国家主席)が「自派」の人物を主要ポストに据えるほか、党の指導を強化する機構改革を実施し「習1強」体制をさらに強固にする。

 党は既に全人代で国家主席の連続3選禁止規定を削除する憲法改正を実施すると決定し、習氏の終身支配が可能になった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ