台風接近、各地で被害 突風や大雨

 台風18号が接近した15日、各地の警察などによると、西日本から東北で大雨や突風の影響とみられる被害が相次いだ。

 午後2時55分ごろ、福島県田村市の国道349号で、乗用車が脇を流れる増水した水路に転落。運転していた男性(21)が救助されたが、間もなく死亡した。助手席の男子大学生(18)も軽傷。

 津市では木造平屋の住宅が倒壊し、男性(64)が右脚をけが。茨城県常陸大宮市では、住宅裏の斜面にあった岩が滑り落ち、窓ガラスが割れるなどの被害が出た。

PR

PR

注目のテーマ